スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふなばし三番瀬海浜公園 潮干狩り [2016.05.21]

毎年恒例の潮干狩りに行って来ましたー。

この日の潮干狩り場の開場時間は朝9時で、駐車場の開門時間は早朝6時。
駐車場に入る為に毎年恐ろしいほどの長蛇の列が出来ます。
朝早く出てきたつもりでも満車で入れない車は大量にいます。
なので知ってる人は開門の何時間も前にやって来ます。
しかも毎年そうですが、駐車場の開門時間はいつも1時間は早く開門されます。
なので開門時間にやってきても「時すでに遅し」となる可能性があります。

て事で我が家は毎年、前日の夜にやって来ます。車中泊仕様は何かと便利です。

嫁と子供を後ろのベッドで寝かせ、自分はいつでも車を動かせるように運転席でスタンバイ。
一人深夜に映画鑑賞。

深夜の3時過ぎ頃だったかな?ちょっとした事件が。
自分がくるまを停めている反対車線の正面にある自販機をなにげに見ると、
20センチほどの炎が。

「???」 

とにかく真っ暗で、広い道なので距離があり、火の玉が見える感じで状況がよくわからない。

その周りには3人ほど人がいます。

ん!もしや放火なのか?!

すると徐々に炎が拡大。

あれ?これはヤバいな、通報しないと。と思った時、
遠くから消防車のサイレンが。

自販機前の3人が通報したようで、道路に出て消防車を待ってました。

一瞬でも放火魔と疑ってすみません。w

火はあっという間に消えたけど、消防車数台とパトカーやらで、
かなりのにぎわいとなりましたが、
そんな中、嫁と息子は熟睡中。
ウチの車の真横で、サイレンやら赤色灯やらで、普通は寝てられないだろ!
コイツらスゲーな・・・


そんなこんなを経て、
朝4時頃には駐車場に並ぶ車がドンドンやってきました。
sanbanse001_R.jpg
写真中央の三角コーンの所が駐車場入り口。
ここは少し変わっていて、左折入場禁止で、入り口反対車線からの右折入場のみとなります。

やはりこの日も開門時間より1時間早い5時頃に開門されました。
その時点で自分の後方には、目で追えないほどの列になってました。

さらにここから開園の9時までの4時間待ちます・・・


sanbanse002_R.jpg

sanbanse003_R.jpg
毎年恒例、ポップアップテント展示会w


3時間後・・・
sanbanse006_R.jpg

今年も大量にGETしました。
いままでは「アサリ以外」の生き物に夢中だった息子も、
小2にもなると、アサリGETに貢献出来ました。

今年は例年と違い、小ブリだけどハマグリも沢山いました。
sanbanse005_R.jpg


sanbanse007_R.jpg
アオサも少し持って帰りました。
味噌汁か佃煮にします。

帰りに実家の爺婆にお裾分けし帰宅。

sanbanse008_R.jpg

すぐさま酒蒸しに。
sanbanse009_R.jpg
まだまだあまっているので、数日はアサリ三昧ですw


[PS]
こちらの駐車場、平地と立体(2階建て)があるんだけど、
立体の1階部分に車を停めると思いもよらぬ災害に見舞われる事があります。
sanbanse004_R.jpg
1階の天井部分(2階の床)は鉄板で、2階の人が何も考えず水を使うと、
その水は継ぎ目から1階に降ってきます。

前回もウチの2台となりで、ドバーっと大量の水が降ってきて、
車とその付近の子供が直撃くらってました。

今回はウチの真横の高級外車が餌食に。

「水」ならまだマシだが、「海水(塩水)」なら最悪です。
て言うか、たぶん何も考えず潮干狩りで余った海水をぶちまけてるんだろうな・・・

運営の人、ちゃんと対策しないとトラブル起きますよ。

               ブログランキング・にほんブログ村へ


















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itoden

Author:itoden
竜(息子)とラモ(犬)のお出掛け記録。
キャンプや車中泊の記録がメインなので更新は不定期です。
自分用備忘録とも言いますw

カテゴリ
最新記事
最新コメント
買い物情報
最新トラックバック
カテゴリ
当サイトはリンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※注意事項
当サイトの写真の持ち帰りは禁止です。           無断での写真、文章の二次使用は固く禁止致します。
メール
アウトドアショップ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスカウンター
i2i
ひまわり証券の口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。